FC2ブログ

ガンダム好きな妄想狂の戯言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめにお読み下さい。

このBLOGは

各々のガンダム好きが妄想した
ストーリーを ”小説 ”という形で
世に出していこうとしているものです
作者共はまったくの素人ですので
中には
読みにくいもの矛盾が多すぎるもの
誤字脱字が多いものよくわからない表現のもの
本家全ガンダムストーリーのどれかに似ているもの
etc…等のお見苦しいところがあると思います。

各々が好きで考えたものですので至らない部分が多いと思います。
ですが、全ガンダムの世界観、ストーリー、メカニックモデル等
ガンダムという芸術作品の名を

汚すつもりは全くありません

不快に思われる方もいるかと思います。
ですが広い心でお読みいただけましたら幸いです。

※当ブログに掲載されているガンダムプラモデル等の著作権・商標等は全て権利者に帰属するものとなっております。

Silly Talk of Obsessive 代表者:金田舞次郎
スポンサーサイト

練習実験機体 J・ジャック

初めてオールドギアを操るには打ってつけの機体となっている。
電波を受信しやすく切断する時の負荷を無くす為に大型のアンテナを付けた頭部と摩耗しにくい構造の胴体を使用することで、リチューン回数を大幅に減らすことに成功している。
もっとも注目すべきの頭部は、都市伝説と化している偉人“ウォーレン博士”が製作したと言われているデバイス“コーヒキュ”の一般市販版が積まれており、確かな信頼が約束できる。
機体名はユーディー・フレックス博士が製作した事に由来し、博士曰く“若者を意識した瞬間に浮かんだ名前”が“ジャック”だそうである。
省略され、J・Jと呼ばれることも多い。
 IMG_6707.jpg

IMG_6708.jpg
上記写真の機体は、グリーンリバー社のオールド・ギア試操体験用にカスタマイズされているものであり、頭部がグリーンカラーなのは、グリーンリバー社の所有オールド・ギアと判別させるためでもある。



製作者:メヒキュー・イカツィレーセ

“G”

へいらっしゃい!
ダンモシーネ(蒸し鶏の甘辛ソースがけライス)とチンピクゥロ(レモンとミントが香る大豆のカレー風味スープ)ですね?
合計で“750G”になりますね。
…あ、すいませんお客さん。
その紙幣とコインでは精算できないんですよ。
お客さんは観光ですか?
悪いんですが、うちの店は外貨の両替はしてないんで、換金所で変えてきてもらえます?
“シェンツ”の通貨は“G”ですから。
まぁ“シェンツ”にある換金所なら、どこでも必ず“G”に変えてくれますよ。
え?
あぁ、そうですねぇ…一番近くの換金所の場所なら、ここから約8キロくらいですかね。

“リンク” “ハードリンク” “ダイブ” “ディープダイブ”

あんちゃん、“ピンイン”だろ?
それなら早めに自分の“オールド・ギア”を登録させちまいな。
あぁ?
別の惑星から来た記者だと?
だったらこんなところに居るんじゃねぇ!
ここは“オールド・ギア”の収納庫だぞ!
…なんだ、この“10000G”は?
お前、俺をなめてるのか?
……なんだお前、たった“20000G”で俺が買えるとでも思ったのか?
ふざけてると怪我するぞ?
………わかった。
お前がそこまで言うなら、この“50000G”で話をしてやろう。
何が聞きたいんだ?
ん?“ピンイン”?
“ピンイン”ってのは、“オールド・ギア”の操縦士のことを言うんだよ。
あいつらは自分の精神と操縦する“オールド・ギア”を直結するんだ。
人工中枢神経網“ネルプトン”ってのを使っているらしいが、俺の専門外だから、“ダエラ鉱石”を使っているってことぐらいしか知らん。
“ピンイン”と直結することを“リンク”するって呼んでる。
それで“リンク”して操縦することを“ダイブ”するって言う。
“ダイブ”しなきゃ“オールド・ギア”は操れないってこった。
なかには、より精神世界に潜り込んで“オールド・ギア”を操縦するヤツもいる。
その状態を“ディープダイブ”って言う。
そうすりゃ、生身の身体以上の感覚で動き回れるそうだ。
まぁ“ディープダイブ”は誰もが出来るってわけじゃないんだがな。
だがその状態を強制的に作ることも出来る。
それが“ハードリンク”だ。
これは誰もが“ディープダイブ”のように高度な操作が出来るようになる。
自発的と強制的ってだけの違いだが、“オールド・ギア”が自分の身体以上にスイスイ動けば、勝ちやすくなるもんな。
でも良い事だけって訳じゃねぇ。
まず、“ダイブ”してるときに“オールド・ギア”が攻撃を喰らえば、直結して精神を飛ばしてる“ピンイン”の身体にもダメージを喰らう。
右腕が取れれば、それと同じぐらいの痛みをともなうってわけだ。
“ディープダイブ”“ハードリンク”してるときは、より精神が直結してる。
ってことは、当たり前のように自分に返ってくるダメージもより大きくなる。
諸刃の剣って感じだな。
ま、俺から言わせりゃ、“ディープダイブ”“ハードリンク”も“ドール”への超特急列車みたいなもんだ。
いくらより高度に“オールド・ギア”を操れるようになるとしても、自分自身が糸が切れた人形になっちまったら、笑い話にもならんだろう?
そうなる前に“リンクカット”するんだな。
…ん?
なんだと?
そもそもなんで“ピンイン”って呼ぶのかって?
そんなことは忘れちまったよ。

“オールド・ギア”

君を“シェンツ”に連れてきたのは、この“バトリング”を一緒に観たいからなんだ。
僕が機械オタクだっていうのは知っているだろう?
この“シェンツ”で以前にあった戦争時代の兵器を使って、今は賭博対象の見世物にしているんだよ。
その兵器も今では“オールド・ギア”って呼ばれていて、兵器同士を闘わせることが大きな娯楽となってるんだ。
多くの惑星が送り込んだ兵器をつなぎ合わせたりして、ひとつの“オールド・ギア”に作り上げていたりするんだ。
しかもそれを“ピンイン”て呼ばれる操縦士が操るんだよ。
ここからじゃモニター越しでしか見えないから分かりづらいけど、大きさは大体、7か8メートルぐらいかな?
遠隔操作で動かしてるみたいなんだ。
軍事兵器が娯楽の道具になってるなんて、すごいよね。
興奮せずにはいられないよ。
まぁ興奮している理由は他にもあるんだけどね。
え?
まさか…
ほら、あれ見てごらん、あの“オールド・ギア”の武器。
あれを設計したのは僕の祖父なんだ。
まさかこんなところで使われてるのが見れるなんて、信じられないよ。
ん?
あぁ、違う違う。
興奮してる理由は、あの武器じゃないよ。
あれは偶然だよ、びっくりして興奮したけどね。
……
本当はこの“バトリング”が終わってから話をしようと思ってたんだけど、今言うよ。

僕と結婚してくれないか?
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。